構造化知識研究所ホームへ
A Leading Provider of Structured Knowledge Management
ダウンロード

ダウンロード


第7回知識構造化シンポジウム

■テーマ:製品・部門・拠点の壁を超えるSSM実践各社の工夫
■日 時:2015年9月11日(金)
■場 所:東京大学伊藤謝恩ホール(東京・文京区本郷)
■事例講演
 『SSMを用いたグローバルな不具合知識活用システムの構築』
  佐藤 俊一 氏(株式会社HGSTジャパン ファイルインテグレーション開発本部 主任技師
 『自動車用シート設計・製造におけるSSMを活用した不具合未然防止活動』
  塩 昌之 氏(日本発条株式会社 シート生産本部 品質保証部
 『SSMを活用した個別受注製品の問題早期抽出と設計知識の全社共有による未然防止活動』
  古谷 元洋 氏(アズビル株式会社 バルブ商品開発部 開発1グループ 課長)
■特別解説
 『構造化知識マネジメント導入企業の最新動向と知識活用の様々な工夫』
  松坂 ユタカ 氏(株式会社構造化知識研究所 執行役員)
  長谷川 充 氏 (株式会社構造化知識研究所 シニアコンサルタント)
■総合討論
  全講演者
  コーディネータ:田村 泰彦 氏(株式会社構造化知識研究所 代表取締役)

ルポタージュはこちら(日本科学技術連盟ホームページ)をご覧ください。
過去のSSMセミナーの内容については、過去のセミナー・シンポジウム情報をご覧ください。

INDEX